>  > 【割引クーポン配布中】AUTBAHN/アウトバーン 広角ドレスアップサイドミラー シルバー マーチ/K11 年式92.1~95.1 商品番号:N14

Table Of Contents

Previous topic

プロトコル仕様

This Page

【割引クーポン配布中】AUTBAHN/アウトバーン 広角ドレスアップサイドミラー シルバー マーチ/K11 年式92.1~95.1 商品番号:N14

このドキュメントでは、Redisの仮想メモリサブシステムの内部の詳細を説明します。このドキュメントはユーザのためのものではなく、仮想メモリ実装を理解したい人や、手を加えたいプログラマーのためのものです。

【割引クーポン配布中】AUTBAHN/アウトバーン スーパーダウンサス 広角ドレスアップサイドミラー シルバー マーチ/K11 年式92.1~95.1 商品番号:N14 U61W

VMサブシステムの目標は、Redisのオブジェクトをメモリからディスクに移すことによって、メモリを空けることにあります。Redisは値のオブジェクトのみを転送します。この概念を理解しやすくするために、 DEBUG コマンドを使用して、Redisの内部では、どのようにキーと値がひもづけられているのかを確認してみましょう。

redis> set foo bar
OK
redis> debug object foo
Key at:0x100101d00 refcount:1, value at:0x100101ce0 refcount:1 encoding:raw serializedlength:4


上記の出力例から分かるように、Redisのトップレベルのハッシュテーブルは、Redisオブジェクト(キー)から、他のRedisオブジェクト(値)への対応表となっています。仮想メモリは、値のオブジェクトだけをディスクにスワップし、キーのオブジェクトはメモリ内に保持します。これは、VMが無効状態のRedisと、VMが有効になっているRedisで、良く使われるデータセットがメモリに収まっている場合は同じぐらいのパフォーマンスを発揮するようにするという設計の主な目標を達成する仕様になっています。

スワップの内部動作

オブジェクトがスワップされる時は、次のようなことが発生します。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-2337