スタッドレスタイヤ ダンロップ ウインターマックス01 WM01 165/60R15 77Q & プレシャス アスト M2 4.5-15 タイヤホイール4本セット 165/60-15 DUNLOP WINTER MAXX 01 WM01


 >  > スタッドレスタイヤ ダンロップ ウインターマックス01 WM01 165/60R15 77Q & プレシャス アスト M2 4.5-15 タイヤホイール4本セット 165/60-15 DUNLOP WINTER MAXX 01 WM01
【USA在庫あり】 マグラMAGURA 油圧クラッチシステム Hymec ジャック 13年-14年 CRF450R 10.5mm 860092 HD店
[Dotty] ダティ ラグジュアスポルト FNクラス シートカバー オデッセイ RB1 / RB2 H15/10~H20/09 7人乗 [S / M / M-HDDナビエディション / M-エアロパッケージ / アブソルート / ナビ付車] ※北海道は送料2160円(税込) 沖縄・離島は送料2916円(税込)  返回首页AUDI 純正 ヒーターブロアモーターAUDI Q7純正番号:4L2820021B
作者:桑原水菜
类型:乙女向 书籍样本 日文
出版:2015-01-10(集英社)
价格:¥486オクヤマ BRZ ZC6 ストラットタワーバー フロント タイプI MCS無し アルミ製 P2314883 DIXCEL プレミアム ブレーキパッド フロント左右セット PEUGEOT 2008 A94HM01 2014/12~ 1.2 Fr.DISC 283x26mm  原版
文库:Cobalt文库
丛书:炎の蜃気楼 昭和編【SEIBON/セイボン】スカイライン 2DR G37用リアスポイラー直輸入品 (4)
代购: lumagic.taobao.com
B00VPZ5G3U
炎の蜃気楼 昭和編4 霧氷街ブルース
桑原水菜
炎の蜃気楼 昭和編
4
Cobalt文库

WM01 ダンロップ プレシャス スタッドレスタイヤ タイヤホイール4本セット 165/60-15 WM01 MAXX 165/60R15 DUNLOP M2 M2 ウインターマックス01 WINTER スタッドレスタイヤ アスト 77Q 4.5-15 & 01

¥486
¥583
集英社
2015-01-10
日文
5
ライトノベル, Kindle本, 书籍样本, lowcover
25
炎の蜃気楼 昭和編4 霧氷街ブルース 集英社eコバルト文庫 炎の気楼ミラージユ昭和編 霧氷街ブルース 桑原水菜 この本は縦書きでレイアウトされています。 炎の気楼ミラージユ 昭和編 霧氷街ブルース 目 次 霧氷街ブルース あとがき イラスト/高嶋上総 序章  祭壇の周りには、無数の灯明が揺らめいていた。  四百年にわたり、燃え続けている灯明だ。  この教団の祭主が「御灯守」と呼ばれるのは、日々、祭壇の灯明を絶やさぬようにすることが務めだったからだ。  不消の灯明は、祭神に力を注ぎ続けるものだと信じられている。信者はその神聖なる灯油を祭神に捧げることで、自らの信仰の証としてきた。  そして、いま、彼らが崇める祭神は、長き眠りから覚めた。  中央の祭壇を照らす最も大きな聖なる火は、以来、ますます盛んに燃えあがっていた。  眠りから覚めた神は、やがて、生きた肉体を得た。  今、祭神は現人神となって、祭壇の前にしつらえた玉座に悠然と腰掛けている。  生前に気に入っていた天鵞絨ビロードマントを肩に羽織り、赤い葡萄酒の注がれたワイングラスを掌の中で転がしている。無数の灯明がその姿を照らしている。 「……葡萄酒の味は四百年前と変わらぬものだな。阿蘭よ」  マントを羽織った男の傍らには、欧米人の顔立ちをした青年が寄り添っている。 「殿のお好みもお変わりなきようで」 「ああ。わしの好みはこれだ。血のように赤黒く、鉄のように重く、古木のように分厚く、喉にいつまでも残るような、こいつだ。葡萄酒はこうでなくてはならん」  おもむろに正面へと向き直った。 「それもこれも、そなたら現代の初生人らがよく働いてくれるおかげだ。褒めてつかわす。忍守よ」  マントの男の前には、老齢の神職が平伏している。 「はっ。おやしろ様には今宵もご機嫌麗しゅう」  大崇信六王教の第十二代御灯守・阿藤忍守だった。  おやしろ様と呼ばれた天鵞絨マントの男は、忍守の傍らに控えている、顔立ちのよく似た中年男にも微笑みを投げかけた。 「そなたもだ。守信。いずれは十三代目として、御灯守を継ぐのであろう。そなたの父は、よき手本じゃ。よく支え、よく学ぶがよい」 「ありがたきお言葉。この守信、生涯かけて、おやしろ様への忠勤に励みまする」 「時に、阿蘭よ。例の件はどうなった」  天鵞絨マントの男は、傍らの青年に問いかけた。四百年前、青年はこの現人神の小姓を務めていた。その名は、森蘭丸。  蘭丸は恭しく頭を下げ、不遜な笑みを浮かべた。 「件の呪詛については、これを担うにまたとない者たちを見つけました。只今、包囲網を完成させるべく着々と手を打っているところにございます」 「そうか。かの者の憑坐については、選定はどうなっている」 「はい。よくよく検討を重ねてみましたところ、ひとり、よいおなごがいたことを思い出しました」 「ほう。何者じゃ」 「先般の、龍女です」  ほう、と男は目を細めて笑った。 「武田の龍神を憑依させた、あのおなごのことか」 「まさに。あれだけの集合霊たる龍神をその身に宿すほどの、受容力。大いなる神を下ろす巫女は、霊的受容力が大きいとの特徴がございます。まさにあれは他に類をみぬ巫女にございます。使わぬ手はございませぬ」 「このわしを手こずらせただけはある、ということか。面白い」  六王教の現人神――織田信長は、その力強い瞳に無数の灯明を宿して、豪然と言い放った。 「武田の龍女、この六王教の戦巫女にはふさわしかろう。つれてまいれ。忍守」 「はっ!」 「その前に、こざかしい上杉の夜ども、退治しておかねばなるまいの」  信長は腰に帯びた小太刀を手にとり、鞘から抜いた。「御聖具」「御神刀」と信者たちが呼ぶその刀は、信長がかつて自刃に用いた小太刀だった。信長の血を吸った「御神刀」は、長く六王教にとっての聖遺物だった。 「上杉景虎……。四百年怨霊を《調伏》して生き続けてきた男、か」  鏡のように研ぎ澄まされた刀身に、両眼を映す。信長は数瞬、笑みを消して、真率な瞳になった。その脳裏に東京タワーで対峙した時の光景がよぎった。  ――戻ってこい、朽木。一緒にレガーロに帰ろう。  信長の唇が小さく歪んだ。 「殿」 「……このような、こざかしい記憶。脳から削り取ってしまえればよいものを」  無数の炎を睨みつけ、不敵に微笑した。 「是非に及ばず。この信長の脳に薄汚い染みを残しただけでも万死に値する。誰にも邪魔はさせぬ。虎退治はこの手で行う。よいな、阿蘭」  その目は残忍な色を宿して煮えたぎっている。その暗さに、蘭丸ですら身の危険を感じ、ぞっと背筋を寒くしたほどだ。  信長はワイングラスに加瀬の面影を映し、凝視していたが、突然、グラスをひと思いに握り割った。弾けて流れた葡萄酒が、破片で負った傷の血と混ざりあいながら、信長の手を濡らしていく。袖口は赤く染まった。 「愉しみにしていろ、景虎。貴様だけはこの手で……。この手で、胸を裂いて心臓をえぐり出してくれる」 第一章 ガード下のハーメルン  初夏を思わせる陽気の中――。  完成したばかりの白亜の建物には、大勢の医療関係者が集まっていた。  鉄筋コンクリートの四階建ては、街の真ん中にあって、ひときわ目立つ。この街の医療を担う総合病院の開業に、大きな期待がこめられているのを反映してか、式典には地元の有力者の姿が多く見受けられた。  笠原総合病院は、無事、開業の日を迎えた 【マラソン!全品2倍以上&特別クーポン!】ENDLESS/エンドレス SSY セラ EXY10 4輪ディスク H2.3~H7.12 フロント 商品番号:EP076。  くす玉を割るのは、理事長兼院長・笠原伸夫だ。笠原尚紀の養父だった。  式典の間中、尚紀は背広にネクタイ姿で行儀よく腰掛け、賑々しい祝辞を述べる来賓を見つめている。恰幅のいい年配男が居並ぶ中、ひときわ若い尚紀は目を引いた。  式典が終わると、次々と関係者が養父のもとに挨拶をしに集まってくる。尚紀も傍らに寄り添い、紹介にあずかる。跡取り息子としての、いわば「お披露目」の場でもある。  医師会とつながりが深い国会議員が、笠原親子に話しかけてきた。 「ほほう、そうですか。息子さんは東都大に……。なかなかの男前だから、さぞもてるでしょう。自慢の後継者もいて、恵実会さんの未来は安泰ですな。早くいい嫁さんを見つけて、病院をますます盛り立ててもらわねば。ねえ、院長先生」  金歯を光らせて笑う。商売柄、あからさまな世辞や下世話なリップサービスも、たしなみのうちと思っているようだ。尚紀も調子を合わせつつ、謙遜をこめて頭を下げた。 「若輩ですが、精一杯励みますので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します」  このあと、都心のホテルで記念パーティが開かれる。来賓は次々と迎えに来た車に乗り込んでいった。賑わいも一段落したところで、尚紀は、関係者の中に見覚えのある顔を見つけた。 「来てくれたんですね。色部さん」  勝長は「よう」と笑顔で手をあげた。 「開業おめでとう。大した賑わいだな」 「おかげさまで。うちでは朝から、上を下への大騒ぎでしたよ」 「はは。無理もない。――立派な病院だな。大したもんだ」  勝長は医師だ。今は虎ノ門の病院に勤務している。病床の規模では、勝長のいる病院には及ばないが、診療科目の数は笠原病院も負けていなかった。 「循環器外科も、いい医師が揃ったそうです。ありがとうございます」 「ああ。神崎のことか。あいつは根っからの職人気質で、医局じゃ出世できないタイプだが、腕は抜群だ。保証するよ」  紹介された医師は、勝長と同じ医大の出身だ。勝長のことは、養父には「先輩の同僚」と説明してあり、今では家族で親交を持つまでになっていた。 「やはり心臓外科は病院の花形ですからね。養父も力をいれてるようでしたから」 「そのようだな。病院経営は大変だぞ。なんやかんやで政治の力が大きいしな」 「ええ。でも日本の人口はどんどん増えてますし、病院も医者も足りないと言われてますから」  絶好のタイミングでもある。いずれは自分がそれを担うとの自負も、尚紀にはあるが、一抹の不安が影を落としている 。勝長も心配そうな顔をしたが、あえて言葉にはしなかった。 「おまえはどうなんだ。その花形医師を目指す気は」 「私は柄じゃありませんから。それに専門は呼吸器内科と決めてるんです」  勝長は「あっ」という顔をした。理由は、容易に察せられた。十分納得できた。 「……もしかして、医者の息子を宿体にしたのも、そのためか?」 「まさか。それは単なる偶然です。でも、せっかく医者を目指せるのなら……」  表情には、ささやかな決意が漲っている。その念頭にあるのは、ただひとりだ。  そのことだがな、と勝長は言いにくそうに尚紀に伝えた。尚紀は驚いて、 「レガーロを休んでる? また肺の具合が」 「少し治療に専念したほうがいい。そうでなくても東京はどんどん空気も悪くなってる」  景虎のことだった。  毒ガスを吸った後遺症だ。織田が仕掛けた罠だった。おかげで肺活量も視力もだいぶ落ちている。煙草を吸い続けているのもよくないと、周りはやめさせようとしているのだが、本人は手放すつもりはないらしい。どころか、朽木の一件があってから本数も増える一方だ。 「やりきれなくて手放せなくなる気持ちもわかるが、ただでさえ弱ってる肺をニコチン漬けにして……。そんなに今の体を壊してしまいたいんだろうか」  勝長も弱り顔だ。これではいくら尚紀が肺の治療法を学んでも、意味がない KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 185/65R14 Japan三陽 ZACK JP-710 ホイールセット 4本 14インチ 14 X 5.5 +40 4穴 100。 「本当は、離脱させたほうがいいんでしょうね……」  なにから? とは勝長は訊かなかった。答えはわかりきっていた。 「……ああ。だが難しいな。朽木に換生した信長は、六王教の現人神だ。霊体だった頃よりも、遙かに現実的に世の中と関われる力を得た」  東京タワーの一件からも、明らかだ。信長は信者に祭り上げられた「お告げの神」ではなくなり、生身の行動者となった。織田信長が「現代人」として蘇生したのだ。蘭丸らの暗躍でお膳立ては整った。すでに裏社会に根を張り、虎視眈々と表に出てくる機会を窺っている。  そんな織田に対抗するには、景虎のリーダーシップが欠かせない。 「結界調伏も冥界上杉軍の発動権も、景虎にしかないからな。景虎が握る切り札なしに、織田と戦うのは、分が悪すぎる」  尚紀は忸怩たる思いだ。――自分たちが頼りないばかりに……。 「……ねえ、色部さん。我々は信長を責められるんでしょうか」 「なんだ。どうした?」 「私たちはもうどっぷり現代人としての生活を持っている。こんな私たちに、信長が現代に深く関わってくることを止める資格はあるのでしょうか」 「また妙な理屈をこねはじめたな」 「怨霊だったから許されないというなら、我々だって四百年前は怨霊です。怨霊が医者になり、怨霊が医大生になってるんです。信長は悪なんでしょうか。怨霊だから悪なんでしょうか。そもそも信長が日本を悪い方向に導くなんて、誰が断言できるんです。正しさの定義とは」 「定義などひとつじゃないさ」 「為していることが正しければ許されるのでしょうか。ならば信長の為すことが『正しい方向に日本を導く』なら、それを阻止する理由が我々にあるんでしょうか」 「ひとつ忘れていないか、直江。織田は『正しさ』の実現のために、現代人の犠牲を顧みなかった。生き人を守るのが、我々の第一義であるはずだ」  直江はハッとした。勝長は厳しい顔つきになっていた。  が、ほどなく語調を和らげ、 「なあ、俺たちだって霞を喰って生きてるわけじゃない。職業を持ち、生活をするからこそ、今日まで怨霊調伏の使命を果たしてこれたんじゃないか。生きた肉体を保つから《調伏》もできるんだ。生活者としての自分を大事にするのは罪なんかじゃない。どんな状況であれ、だ。それに目の前の命を救うのに、生き人も死人も関係ないはずだ。違うか」 「………。では信長が『現代人の犠牲』なしにこの国を再生すると言うなら?」 「よしんばそうなったとしても、景虎は、家族や友を殺された怒りを忘れられやしないだろうな」  重い現実に、直江は黙るほかなかった。  そして、ほどなく自己嫌悪に陥った。ずいぶん青臭いことを言ってしまった。どうもこのところ、もやもやした気持ちのやり場がなく、こんなふうに人へとぶつけてしまう。受け止めてくれる勝長への甘えもあるかもしれない。 「……すみませんでした。院内を案内しますよ。色部さん。手術室には米国製の最新医療機器を導入したそうです。診療開始は週明けからなので、今のうちに見ていってください」 「いいのか。悪いな」 「もし気に入ったら、うちに常勤してくれてもいいんですよ」 「おっと……。下心ありか。院長の息子の甘言には気をつけないとな」  勝長は、わざとおどけた口調で答えた。そのさりげない気遣いが、直江にはありがたい。  真新しい病院内は、まだ消毒薬の匂いもしない。待合室の長椅子はどれも新品で、ビニールカバーがかかっている。病んだ命の気配がない院内は、モデルハウスの中にでもいるようだ。これから闘いが始まる。診療が始まれば、この長椅子もあっという間に患者で埋まるだろう。 (俺も色部さんのように迷いなくこの道を歩けるだろうか)  人の命を救うという道を――。  病に苦しむ人を救うという道を――。  勝長のような掛け根無しの志に動かされているとは言えない自分に、直江は若干の引け目を感じていた。  自分が医療で救いたい人間なんて結局、ひとりしか思い浮かばない。  全ての患者に同じ気持ちで向き合うなんて綺麗事だ。適性など考える余地もなかったが、今更ながら医師という職業をまともに勤めあげられるのか、疑わしくなってきた。職務への責任を背負えば、医者としての人格も身につくと思いたいところだが。  勝長と自分では同じ医を志しても、見ているものが違う。勝長は弱っているものと向き合っている。自分は強いものしか見ていない。医を出世の道としか考えていない自分にややもすると辟易する。あの金歯が下品な国会議員の脂ぎった顔と自分がだぶる。 (いい医者になれそうにないなら、政治家にでもなってみるか?)  ――そうして手に入れた力とやらで、織田を潰せるのならな。  景虎の揶揄が聞こえてきて、直江はまた歯嚙みした。……元から持っている人間にはわからない。このもどかしさが。見えない天井の下であがいている者の心など。

スタッドレスタイヤ ダンロップ ウインターマックス01 WM01 165/60R15 77Q & プレシャス アスト M2 4.5-15 タイヤホイール4本セット 165/60-15 DUNLOP WINTER MAXX 01 WM01,[#tong##]

 ■ホイール名Precious AST M2  (プレシャス アスト M2)■タイプ1ピース 国産車用■カラーブラック&リムポリッシュ(BK/リムP)■付属品センターキャップ:付属 ナット:無し※補足※JWL、VIA規格適合品《サイズ表記》幅-インチ 穴数/PCD インセットサイズ備 考4.5-15 4/100 +455.5-15 4/100 +45[センターボア径(ハブ径)] PCD100:φ67 PCD114.3:φ73タイヤサイズ : 165/60R15 の参考装着車種 ・掲載の車種は、純正タイヤサイズと一般的なインチアップサイズに基づいたデータです。 ・車両の年式・型式・グレードなどにより装着サイズが異なる場合があります。 ・記載のある車種でもホイールサイズ設定により適合しない場合があります。スズキKei(HN系)/ハスラー(MR31S)/ソリオ(MA15S)/ソリオ バンディッド(MA15S)ダイハツキャスト アクティバ(LA250S/LA260S)トヨタピクシス ジョイC(LA250S/LA260S)マツダフレア クロスオーバー(MS31S)/ラピュタ(HP系)165/60-15 1656015 309611 15インチ win1318dlwm01 WINTER MAXX 01 WM01 DUNLOP ウィンターマックス MAXX01 WM-01 スタットレスタイヤ 冬タイヤ wh1ht09prastm2 Precious AST M2 国産車用 4本セット 【k15セット】【c15セット】【wm15セット】【ss15セット】【4s15セット】【k15単品】【c15単品】【wm15単品】【ss15単品】【4s15単品】

。信長も景虎も一緒だ。そうして高いところからせいぜい値踏みしていればいい。 (あなたに侮蔑されようが、俺は這ってでもこの階段をあがりきってみせる)  病棟の窓から見える丘の上には新興住宅地が広がっている。甍の波の中に、船のマストめいた煙突があちこちに立って煙を吐き続ける。鉄橋を電車が通過していく。神風トラックが堤防の下を爆走し、工事だらけの埃っぽい道路をオート三輪が列をなして走っていく。  昭和三十四年。東京郊外。  世の中の歯車は猛烈な勢いで回り続け、街は膨れ上がることをやめない。 * 「長期療養……ですか」  思いがけない指示を受けて、加瀬賢三こと上杉景虎は絶句した。  新橋駅から少し離れた路地に小さな診療所がある。「麻生診療所」――そこに彼のかかりつけ医師がいる。雑然とした狭い診療室で、穴の開いた椅子に腰掛けている、よれよれの白衣を着た白髪の初老医師が、この診療所の所長・麻生治だった。 「知り合いの医者を紹介してやる。毒ガスの後遺症の治療法では、第一人者だ。そいつの病院が伊豆にある。そこに行って養生してこい」  景虎は何も言わず立ち上がった。途端に麻生医師から腕を摑まれた。 「……いつまでもダラダラ不摂生しやがって。諦めて治療に専念しろ」 「そんな暇はありません」 「暇があるとかないとかの問題じゃない。いずれ呼吸困難で死ぬぞ」  景虎は黙って睨み返した。だが、麻生はそれしきで怯む医者ではない。その昔は帝大医学部の付属病院で腕を磨いたというが、気性の荒さが災いして病院から追い出された。その後は、勝長同様、軍医として大陸に行っていた。  貧乏人からは治療代を取らないから「新橋の赤ひげ」なんて呼ばれている。  その「赤ひげ」は、患者のわがままには容赦しなかった。 「………。どうにかなりませんか」  東京を離れるわけにはいかない。長期療養なんて考えられない。 「自業自得だ。あれほど煙草はやめろと言ってるのに耳も貸さないやつなんぞに、俺が甘い顔をするとでも思うのか」  景虎は溜息をついた。麻生の鼻はごまかせない。 「吸入だけでなんとかすることは」 「無理だな。おまえさんの肺に唯一効くのはまだ日本じゃ認可のおりてない新薬だ。臨床試験でしか使えない。経過観察できることが条件だ」  あくまで渋る景虎に向かって、麻生はカルテを書く手を止め、振り返った。 「いいか。おまえさんの肺は成人男性の半分しか、まともに機能してない。これ以上無茶をすれば、呼吸不全で一生、酸素吸入器の世話になるはめになる。夜の仕事はやめろ。煙草もだ。空気のいいところに移って、体をいたわってのんびり暮らせ」 「そういうわけにはいかないんです」 「自分にしかできない仕事なんか幻想だ。おまえの代わりなんか、ごまんといる。男なんてやつはみんな『自分にしかできない』なんて思いこみにしがみついて、かろうじてプライドを守ってるもんだが、世の中の大概のことにゃ代わりがいるんだ。そんなもんより自分を大事にしろ。命以上に掛け替えのないものなんてありゃせん」  景虎は黙った。麻生の理屈には時々無理もあるが、反論を呑み込ませるぐらいの気迫と説得力がある。麻生は背を向け、またカルテに万年筆を走らせた。 「伊豆に行ってこい。さもなくば、金輪際、薬は出さん」  景虎は溜息をついて、シャツのボタンをとめはじめた。  診療所を出る頃には、街に夜の帳が下り、ネオンが瞬き始めていた。  赤提灯に誘われたサラリーマンたちとすれ違う。景虎は上着を肩に担いで、俯きがちに路地を歩いた。烏森神社の鳥居が目に入り、ふらり、とくぐった。  電球に照らされた拝殿の前で、なけなしの賽銭を投げ、柏手を打った。黙って瞑目していると、雑踏のざわめきが遠く聞こえる。かつて平将門の乱を鎮めに来た藤原秀郷に、白狐が白羽の矢を与えたという伝承のある社だ。飲み屋の並ぶ歓楽街にあって唯一、気の休まる場所だった。 「最後は神頼みか……」  本殿の階段に腰掛け、煙草をくわえ、火を点けようとして、……手を止めた。麻生の言葉が耳に甦り、結局、吸わずに折ってしまった。  朽木の――信長の姿が頭から離れない。  ――おまえを殺すのは、この俺だ。  煙草を吸っていると、溜息も煙草のせいにしてしまえる。それまで取り上げられたら、溜息もつけなくなる。景虎はうなだれて苦笑いするよりほかなかった。  ――朽木、戻ってこい。何もかも帳消しにして、ただの加瀬と朽木で……! (なんであんなこと言ってしまったんだろう……)  織田に殺された加瀬の両親や姉、友たちが近頃、夢に出てくる ●オートエクゼ●NC ロードスター スポーツフライホイール (MT車)。なぜ仇をとってくれなかったのか。絶好の機会だったろうに。私たちを殺した男を生かすつもりなのか、と泣いて責める。  言い訳もできず、うなだれることしかできない。  多くを語り合わずとも、感覚でわかり合えてしまえると感じる。そんな不思議な男だった、朽木は。他人のくせに自分の体の延長とも思えるほどに、何かが似ていると感じた。理解をするのに時を要さない。いわば、直感で理解し合えてしまう。あれが信長という男なのか。本当に?  信長の残忍さを理解することは永遠に不可能だとずっと感じていた。  全く理解できる部分がない、異種族のような男だと。  違うのか。そうじゃないのか。肌でわかる。そこに一縷の違和感もないのが恐ろしい。  あの残忍さもまごうことなき朽木の一部なのか。それもひっくるめて共鳴しているのか。  他人事ではない。自分自身にもそれがあると? (オレもかつては怨霊大将だった……)  理性も良心も、何もかも剝がされた時に顕れる本性は、もしかしたら――。  信長ともよく似ているのではないか。  景虎は、ぞっとする。 「朽木……」  新橋の芸妓たちが夜参りにやってきた。どこぞの気のいい旦那を囲んで、ちやほやと賑やかだ。居づらくなって立ち上がった。  レガーロも営業を始めている時間だった。執行社長からは今週いっぱい休むよう言われているので今更、出勤でもない。だが、店の様子が心配だった。神社をあとにして、少しだけ顔を出すことにした。 「いらっしゃ……、加瀬さんじゃないすか」  真っ先に迎えたのは岩佐だった アイコン フルフェイスヘルメット AIRMADA LEPRICON HELMET[エアマーダ レプリコン ヘルメット] サイズ:L(59-60cm)。従業員用の通用口ではなく、店の入口から入ってきたので、余計びっくりしたようだ。景虎は軽く手をあげた。 「体のほうはもういいんすか」 「……医者の帰りだ。ちょっと様子が気になったから寄ってみた。盛り上がってるな」  マリーのステージが始まっている。今夜も華やかなサテンドレスを着こなして、スポットライトを浴びながら、美声で観客を酔わせている。ドラムを叩くのはナッツだった。その後もめきめきと腕をあげ、毎日一時間ほど叩かせてもらえるようになっていた。若さ溢れる彼のドラムは荒削りだが、聴き手をのせる天性のパフォーミング勘があるのだろう。キャンドルの灯るテーブルで、客もリズムに合わせて体をスイングさせている。暗いフロアには芳醇な時間が流れている。夜に花開く音楽で溢れた、夢のひと時だ。  今夜も直江の姿は見えない。そういえば、実家の病院の開業式だと言っていたか。  少し胸を撫で下ろした。自分が休んでいることを知られないで済む。 「もういいのかね。加瀬くん」  カウンターから元さんが声をかけてきた。  隣に、若いバーテンダーがいる。よく見ればフロア係のウェイターだった。 「マサじゃないか。そこで何やってんだ」 「ああ。君の代わりにバーテンダー見習いをさせてるんだよ」  元さんが朗らかに答えた。寡黙なウェイターの若者は、景虎にぺこりと頭を下げた。  確かに元さんも腰を痛めてからは時々休みがちだった。その上、景虎までこんな調子では、カウンターの中がおぼつかない。 「いやね、マサが自分から言いだしたんだよ。バーテンをやってみたいって」  な? と元さんはマサを見た。景虎には意外だった。  普段、寡黙でおとなしい若者が自分から申し出てくるとは。 「ナッツがドラム始めたのを見て、刺激を受けたんだそうだ。前からやってみたかったって」  名詰幸太の挑戦は、同じフロア係の若者の心にも火を点けたようだ。マサも執行の許可を得て、本格的にバーテン修行を始めることになった。道具の扱いもまだまだ不慣れだが、メモを取りながら学ぶ姿は、真剣そのもので、目の輝き方もまるで違う。 「……そう、ですか」  景虎には若手のやる気が嬉しかった。レガーロにまた新しい才能の芽が育とうとしている。やりたいことを見つけて、それを人生の「道」にしていく。彼らの姿は眩しい。  ――おまえの代わりなんか、ごまんといる。  ふと麻生の言葉が脳裏をよぎった。一抹の淋しさを感じた。あとを任せられる若者がいてくれるのは、頼もしいことだが カワサキ純正 シャフト トランスミッション アウトプット 13128-1218 JP店。  レガーロを出ていく準備ができつつあるということだろうか。

スタッドレスタイヤ ダンロップ ウインターマックス01 WM01 165/60R15 77Q & プレシャス アスト M2 4.5-15 タイヤホイール4本セット 165/60-15 DUNLOP WINTER MAXX 01 WM01

。 「もう帰るのかい?」 「
{yahoojp} {acgnd.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-71170