15インチミラジーノL650系BLEST バーンシュポルト タイプ902 セミグロスブラックブルーリボン 5.0Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15


 >  > 15インチミラジーノL650系BLEST バーンシュポルト タイプ902 セミグロスブラックブルーリボン 5.0Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15
CUSCO (クスコ) type MZ LSD リア 2way(1.5&2way) 品番:LSD 141 K2 ミツビシ ランサーエボリューション 7 型式:CT9A 年式:2001.2~2003.1
2014年 KARO(カロ)FLAXY(フラクシー) トヨタ エスティマハイブリッド AHR20W H24/05~ 4WD フロアマット  7月  NEXT>>

  2014年7月30日(水)   里山自然体験の準備
天候 晴れ後一時雷雨 参加者 9名

8月2日の里山自然体験の準備。朝から強い陽射しが駐車場を照らし、水分補給もままならない。
前回伐り出した竹を割り、そうめん流しの樋を設置する。2本のマダケを割るが素性を見抜けず、2枚ずつの樋にはできなかった。一昨年尾川さんが作られた樋の受けを設置して順次組み立て、水を流すホースをビニールハウスの骨のアーチで誘導して試験通水(写真は排水の調整)。一部割れが起こり、追加の竹を持ち出し、割り、重ねる。
当日の暑さを思い、テント3張りを仮設置した。
畑回り、会場回りなどの草刈り、ビオトープ池の通水 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 ENASAVE サマータイヤ 205/60R16 KYOHO SEIN-SS ザインSS ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +48 5穴 100、野菜畑の見回りと収穫。
古代米の田の通水は前回に井手堰の漏水を押さえたのが功を奏し、水が入っていた。三枚目から二枚目 ファルケン シンセラ FALKEN SINCERA SN832i 185/55R15 2本セット 夏タイヤ aa、二枚目から一枚目へ水落しを平均化していたので、一枚目にも順調に水が入っていた。三枚目の赤米のイモチと思われる葉の赤い傷みはほぼ全面に及び成長が遅れているが、しっかりした新芽が伸びている物もあり、回復を期待。二枚目の黒米のコナギの繁茂に手が打てない。畦回りは抜き取って埋めているが、

、田に入る人手が無い。
▲top

  2014年7月26日(土)   「里山自然体験IN山野草の里」の準備ほか
 天候 晴れ  参加者10名
  
 8月2日の」の準備が山場である。オリエンテーリングの通過ポイント11カ所を回り、コントロール標識を立て昆虫名の一文字を表示した。(通過ポイントの文字を並べると「昆虫の名前」が完成する。)  ソバ畑ほかの草刈りも同時に行った。   
また、クラフト材料となる竹の準備とともに、そうめん流しの準備の為に10メートル以上ある太目の真竹を切り倒し運び込んだ。次回は、竹割りし組み立て水を流すテストを行う流しそうめんのリハーサルも必要である。今日は東屋の正午の気温は33℃、熱中症に気をつけないと、参加者の皆さん、御苦労様でした。

最終土曜日の特別給食 みんなで育てたジャガイモとタマネギを使い、シェフ村上自慢のコロッケ 三谷の夏野菜添え
【ACパフォーマンスライン】【バイク用】アルミ BLUE/RED T2-TYPE (フロント) スモーク Z1000 10-11 スモークホース【32071693S】▲top

165/55R15 15インチミラジーノL650系BLEST 5.0Jx15ヨコハマ 165/55R15 バーンシュポルト エコス セミグロスブラックブルーリボン ES31 5.0Jx15ヨコハマ タイプ902

  2014年7月23日(水)   黒豆の植付け ハナナスの支柱立てほか
天候 晴れ 参加者 8名

古代米の田のすぐ上の菜種の後を耕耘して均し、午後湿った土に黒米の苗を植えた。20株X12筋=240株ほど。昨年のハナナスの畑にも一筋分植える。
栽培中ぼハナナスが順調に伸び支柱が必要となった。昨年の畑から持ち込んだ支柱材料で立てるが、不足分は山に取りに行き追加した。
写真は三枚目の畦から見上げたもので、黒豆畑の耕耘と奥上部のハナナス支柱立ての様子も入っている。
最近倉庫横の舟に水が届かない。不思議に思っていたら、ため池の漏れ水の水路の竹樋が割れていた。頃合いの割り竹があったの割れた部分を置き換えて補修した。
二枚目の田の下の畦の草を刈る。「あ、これがアゼテンツキ!」かえって調べると間違いないらしいが、メアゼテンツキ、コアゼテンツキなど多くあり難しいことだ。
『 1番のみ』 ワゴンR/ワイド、プラス、ソリオK6A:TURBO用 ラジエータ[一式] 17700-83G30 FIG177m スズキ純正部品▲top

  2014年7月21日(月)   ふるさと大和川源流体験ツアーへの参加
天候 晴れ  参加者8人
  
 大和川わくわくフェスタ実行委員会主催のイベント「ふるさと大和川源流体験ツアー」に「NPO法人山野草の里づくりの会」として協力した。今年は談山神社に近い寺川(大和川支流)の源流を訪ねる企画であり、総参加者者は150人余りでした。私達は鹿路苑にて竹クラフト工作を実施した。自分で作ったコッポリや紙玉鉄砲で遊び、また、貯金箱を作る子供もいた。作り方を覚えようと、じっくり観察しているお父さんもおられた。昨年も紙玉鉄砲を作ったという子もいれば、初めてノコギリを持つ4歳の子供さんもおられた。夏休みのいい思い出になりそうです。
▲top

  2014年7月19日(土)   里山自然体験ほかイベントの準備など
天候 曇りのち晴れ  参加者12人 

8月2日の里山自然探検で実施するオリエンテーリングのコースの整備をあと3回の活動でやり遂げないといけない。今日は、小川沿いの登ぼり口から草刈り・ロープを張りこうしんさんまでの道づくりを行った。また、今日午後からの「みんなでいかそうビオトープ」に備え、ライトトラップの設置場所およびビオトープ周辺の草刈を行った。
7月21日には「ふるさと大和川源流体験ツアー」が実施される。今年は桜井市鹿路(ろくろ)において竹クラフトを行う。イベントも続き、暑い中での作業に追われますが、参加者の皆さんご苦労様です。
▲top

  2014年7月19日(土)   「今日は夜まで虫まみれ!!」
天候 曇り 参加者 子ども8名 大人10名 先生5名 スタッフほか7名

天候の心配があったが、午後は雨の気配もなくなり、夕焼けも見られた。

午後から集まり観察会、図鑑作成をしました。3時頃からは井上暁生先生の標本教室があり、古山先生が用意されたコウチュウを展足した。
夕食の時間には橿原市昆虫館の木村館長さんが来られ、古山先生のライトトラップと共に設置をされました。大阪府立大学の乾さんと和歌山県立自然博物館の松野さんも応援をいただきました。2つのライトトラップはライトの構成の違いか場所の違いか微妙な差がありました。あまり大きな昆虫はやってきませんでしたが、多くの小さなガがたくさん見られ、三谷の自然の豊かさが見えました。
窯前の材木の上で見つかった大きなヒキガエルに子どもたちが大喜びしたのが印象的でした。
▲top

15インチミラジーノL650系BLEST バーンシュポルト タイプ902 セミグロスブラックブルーリボン 5.0Jx15ヨコハマ カロ エコス ES31 165/55R15 ダブルアールズ

  2014年7月16日(水)   オリエンテーリングコースの切り開き
天候 晴れ 参加者 8名

梅雨明けが間近の様な強い陽射しが暑い。
8月2日の里山自然体験の準備をする。年の一度のオリエンテーリング開催のために通路を開く必要がある。電柵の外ではイノシシがヌタバにしたりする場所もあり、この時期の恒例行事だ。山野草園から山道を通り三谷城跡へ、次いでこうじや山、さらに山のため池から荒れた道を下り、雑木山手前の庚申さんに登り鉄塔下まで切り開いた。
三谷城跡後の登り口で中森さんが草を払っておられた。
山のため池には泉があり立派なアスナロが美しい樹形を作っていた。池のほとりにはコアカソが元気の育っていた。トンネル状のネザサを払うとオビガの幼虫がフクラスズメの幼虫の様にスイカズラの蔓を揺らした。強い草の生える鉄塔下も刈ることができた。(写真はこうじや山入り口)
古代米田の一、二枚目特に二枚目には多くのコナギが生え分けつ途上の黒米モチを苦しめている。もう少し分けつが進むと米が勝つと思いながら未だ田の奥には入っていないが・・・
【送料無料】 165/55R14 14インチ BIGWAY ビッグウエイ LEYSEEN F-XV 4.5J 4.50-14 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】▲top

  2014年7月13日(日)   森林環境教育指導者養成研修への参加

奈良県農林部森林整備課主催の指導者養成研修、森林ボランティア向け安全技術コースが県立野外活動センターで開催された。地域で育む里山づくり事業を実施するNPO法人、森林ボランティア団体の指導者・作業者を中心に約20名参加された。当里づくりの会からは阪田さん、村上さんの2名、守る会からも島さんが参加された。
 午前中は、救急救命法、応急手当、また三角巾の使い方について日本赤十字社の講師から学んだ。午後は、森林組合連合会の講師のもと、チェーンソーの目立て・メンテナンス講習の後、檜にロープをかけ、チェーンソーで伐倒する実習まで。作業の安全を確保するため、知識・技術について学ぶことができた。
▲top

  2014年7月12日(土)   大和川源流体験ツアーの準備 、山野草園等の草刈
天候 晴れ 参加者  10名

 台風も去り本格的に暑くなりそうであるが、あと3回の活動日で7月21日のふるさと大和川源流体験ツアーの準備を整えておく必要がある。今日は2班に分けて作業に取り組んだ。午前中、1班は刈払機でビニールハウス手前の草刈りを行うとともに トーヨー オブザーブ ガリットギズ 155/65R13 ルークス ライフ ヴェルヴァテサリア 送料無料 4本セット、倉庫前にビニールシートを広げて前回掘り出したジャガイモの乾燥を行った。また、2班は、体験ツアーで使用するクラフト用に太目の竹を伐倒し運び出し、玉切りを行った。
 午後からは、1班は古代米の田んぼの上のハナナス畑の草刈りとジャガイモの仕分けを行うとともに、2班は雑草の大きく伸びた果樹園において刈払機で草刈を行った。
15インチアルト ラパンHE33系WEDS マッドバンス 01(ゼロワン) マットブラックポリッシュ 5.0Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15▲top

  2014年7月9日(水)   ジャガイモ掘り 果樹園草刈りほか
天候 曇りのち雨 参加者 9名

ジャガイモ掘り2回目を6名で。曇り空で土も柔らかかったが、全員汗だくになった。全て掘り上げたが、2回分の仕分けと乾燥が残った。大きく立派なジャガイモを収穫中の北西さんの奥さんが「畑づくりをして落ち着いてから植付け、草刈りなどの手入れが肝心」と言われてしまった。
「畑の北側のハチクの山に大きなシンジュ(ニワウルシ)の木があり、実が真っ赤に色づき美しかった。北西さんのお話では「昔は見なかったが、シンジュサンの飼養に導入された」そうだ。たくさん実を付けて耕作放棄地にまた多くの実を落としそうだ(里の情景に写真)。
21日のふるさと大和川源流体験ツアーのクラフト材料。紙玉鉄砲用の笹を2名で、こうじや山入口近くで調達した。
午後は果樹園の草刈りを7名で。朝のジャガイモ掘りは暑かったが、雨模様に雷も鳴って涼しくなり、さらにシャワーをたっぷりかぶってしまった。
阪田さんが夏野菜をたくさん収穫されみんなに分けたが、持ち帰られない方々が多かった。
終礼のあと阪田さんほか3名で200穴セル7枚に山土を入れて黒豆の種を蒔く。東屋の軒下に入れた。
山野草園のあちらこちらでヤブカンゾウに次いでユウスゲが咲き始めた。
▲top

  2014年7月5日(土)   「とことん古代米を楽しむ」3  山野草園・果樹園ほかの草刈
天候 晴れ 参加者  14名(とことん3名含む)

とことん古代米の第3回、前回6月7日に古代米の田植えを実施してから、ほぼ1か月であるが、イネの背丈は40cmくらいまで成長している。①田んぼの見回り、②水路からの導水の点検、③田んぼ回りの草刈 MUSTANG マスタング シート本体 TRIPPER(TM) リアシート (タックロール) (Tripper(TM) Rear Tuck and Roll Seat)【SEAT R. TRPR TK&RL FXST [0802-0778]】、草挽き等を行った。畔にはぽつんとカラスビシャクが伸び、田んぼにアカハライモリも見つかった。
スタッフはグループに分かれて、蛍の夕べで使用した竹灯篭の回収、小川沿い電柵の管理と草刈り、山野草園の草刈を実施した。また、オーナー果樹園も雑草が繁茂しており、刈払機による草刈を行った。
数日前の雨で田んぼには水が十分に入り涼しく思えたが、ヤブカンゾウも咲き始め、これからは暑くなりそうである。
▲top

  2014年7月2日(水)   初瀬小学校来訪 ジャガイモほか収穫 畑作業
天候 曇り後雨 参加者 9名 お客様 児童21名 先生2名

今年も初瀬小学校から元気な子どもたちがやって来た。
東屋で理事長のお話のあと、山野草園からため池、ビオトープのコースを見て回り、ビオトープ池で網ですくい、アカハライモリ、ヤマアカガエルのオタマジャクシ、オオシオカラトンボやキイトトンボのヤゴなどを観察。第一倉庫の庇の下でヘルメットを付けてため池上部の竹林に向かう(写真)。3班がそれぞれ2本の竹を伐り、東屋に持ち帰った。さっそく竹工作。竹コッポリ、貯金箱 レガシーツーリングワゴン(93.10~96.6)BG3 リアディスク■プロジェクトμ ブレーキパッド NS-C フロント用左右セット、花活け、フラワーベースなど思い思いに楽しんだ。子ども探検基地に行き、昼食、ブランコ遊びを楽しんだ。

いぬい畑のジャガイモとタマネギ掘り。赤い芋は豊作だったが男爵とメークインはあまりよくなかった。/山野草園内の畑でハナナスの続きを植え、エンドウの種を採り、ササゲをまく。連作に打ち勝って元気に育つだろうか。/古代米の田の水が入らないので、川の堰に川土をかぶせ、

15インチミラジーノL650系BLEST バーンシュポルト タイプ902 セミグロスブラックブルーリボン 5.0Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15

、水位を上げて導水する。3日の雨に期待。
シフトアップ RCVライン フロントフェンダー カーボン NSF100 210450-WG JP店▲top
CGI-design
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-48754