>  > Z10 ラウム ショック アブソーバー【カヤバ】ラウム EXZ10系 New SR Special フロント左右

HOME > 製品・サービス > 遺伝子改変マウス作製受託 > ノックインマウス作製

アブソーバー【カヤバ】ラウム SR SR フロント左右 Special ラウム ショック EXZ10系 New New Z10

Z10 ラウム ショック アブソーバー【カヤバ】ラウム EXZ10系 New TAKE SR 【送料無料】 Special フロント左右

  • 2013/05/27
    『Rosa26遺伝子を用いたKnock-inマウス』作製受託サービスを開始しました

利用価値の高いRosa26の遺伝子改変に特化したサービスを開始しました。

・外来遺伝の安定的な発現
・ホモマウスでの表現型が現れない
・ES細胞内での高い相同組換え効率
・ユビキタスなプロモーター活性を有しエピジェノミックな影響を受けにくい


Rosa26Knock-inを270万円~ご提供いたします。
パンフレットのダウンロードはこちら [780KB]

ノックインマウス作製

トランスジェニック社では、ノックインマウスの作製受託サービスを提供しております。
ノックインとは、外来遺伝子をマウスゲノム上に導入し オッティ用 フエンダーフロントLHオッティ 63113-6A00A 日産純正部品、遺伝子 、

、タンパク質の機能を解析する方法です。外来遺伝子の挿入により 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:アウトランダーPHEV(GG2W 2.0E)】WEDS ライツレー DK ブラックメタリックポリッシュ 8.0Jx18エナセーブ RV504 225/55R18、同時に内在性遺伝子を破壊するような設計、Cre/loxPシステムを利用した誘導発現の設計、また、ROSA26遺伝子座への挿入によるユビキタスな発現など、様々な設計をすることができます。マウスタンパク質の局在を調べるためレポータータンパク質(LacZやGFP)との融合もノックインマウス作製に該当します。当社が行っている遺伝子改変マウス受託において、最も高度な技術を要するマウス作製受託です。経験豊かなスタッフがお客様のご要望をお聞きして、最適な遺伝子改変マウス作製プランをご提案いたします。

作業概要・価格

工程 作業内容 期間 価格(税別)
相同組換えベクターの構築 1. 標的遺伝子に関する情報をデータベースにより取得し、デザイン案を作製
2. 相同組換え領域のクローニング
3. クローニング産物と薬剤耐性遺伝子の組み合わせにより、相同組換えベクターを構築
4. スクリーニング条件設定のためのコントロール・ベクターを作製
2ヶ月~
3ヶ月
110万円

ROSA26-KIの場合は、
30万円
組換えES細胞株の樹立 5. ES細胞株へのエレクトロポレーション
6. 薬剤耐性ESクローンのピックアップ
7. PCRによるスクリーニング
8. PCR解析、Neoプローブによるサザンブロット解析により、相同組換えESクローンを樹立
3ヶ月~
4ヶ月
180万円

ROSA26-KIの場合は、
100万円
キメラマウス作製 9. 最大3クローンのES細胞を用いて、キメラマウス作製(全てのキメラマウスがES細胞寄与率80%を下回る場合 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:ヴォクシー ハイブリッド(80系)】HOT STUFF プレシャス アストM1 メタリックブラック/ポリッシュ 6.5Jx17ヨコハマ エコス ES31 205/50R17、再作業) 約3ヶ月 70万円
ヘテロマウス作製 10. 自然交配による生殖系列キメラマウスの同定(ES細胞寄与率上位4匹のキメラマウスを、野生型マウスと交配)
11. F1ヘテロマウスの取得
約3ヶ月 70万円
合計 ※納品にかかる微生物検査費、輸送費は別途必要です。   430万円

ROSA26-KIの場合は、
270万円
薬剤耐性遺伝子の除去 Op. F1ヘテロマウスとCAG-Flpマウス(あるいは、CAG-Creマウス)との交配により、薬剤耐性遺伝子を除去。さらに、野生型マウスと交配させ、Flpトランスジーン(あるいは カーマット フロアマット トヨタ プレミオ 19年6月~23年10月 4WD-LUXループブラック、Creトランスジーン)を除去 約6ヶ月 65万円

※キメラマウスに直接、CAG-Flpマウスを交配させ、生殖系列への移行と薬剤耐性遺伝子の除去を同時に行うことも可能です。

ご依頼から納品までの流れ

まずお客様が発現をご希望されるタンパク質のcDNAの調製方法を調査します。お客様が目的タンパク質のcDNAをお持ちでない場合、全長DNAの合成を計画・見積を行います(費用を別途頂きます)。また導入遺伝子座周辺領域のクローニングについても提案します。マーカーとなる薬剤耐性遺伝子は将来的にリコンビナーゼで取り除くように設計することも可能です。

正式に契約が成立します。契約時に秘密保持契約も締結します。安心してご依頼下さい。

より具体的な案を提示して、ベクター構築に取り掛かります。通常、標的遺伝子の周辺領域はPCRにて増幅しクローニングします。cDNAのクローニングも必要なので、他の遺伝子改変マウス作製の場合よりも、時間がかかります。

構築した遺伝子改変用ベクターをES細胞に導入します。PCRによる1次スクリーニング SAMCO サムコ 燃料クッションホース(75mm) FB275 63 40PSHH63、詳細解析、Neoプローブによるサザンブロット解析により、相同組換えES細胞を樹立します。

樹立した組み換えES細胞よりマウスを作製します。計画通り遺伝子改変用ベクターが挿入されたES細胞(最大3クローン)からキメラマウスを作製します。

形質転換したES細胞が生殖系列へ移行しているかを確認後、ヘテロマウス作製へと進みます。

お客様のご都合に合わせて、当社からマウスを納品します。通常はヘテロマウス2ペアを納品しますが、キメラマウス・ホモ遺伝子改変マウスの納品でも対応可能です。納品前に遺伝子型検出のための解析条件を決定します。

印は必須項目ですので必ずご入力ください。

お問合わせ項目
ご所属
お名前
フリガナ
ご住所

お電話番号
メールアドレス
メールアドレス
確認のためもう一度入力してください。
ご希望の連絡方法
当社製品・サービスをどのようにしてお知りになりましたか?
(複数選択可)
インターネット検索
友人/知人の紹介
広告/チラシ
ダイレクトメール
当社営業マンから
代理店
学会/セミナー
その他
お問い合わせ内容
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-76417